カテゴリー
コンセプトノート

016. 職人

先日ご紹介した「起-動線的人々」で、高橋さんが自分を「保険屋たかはし」とラベリングしている戦術をご紹介しました。生命保険のセールスという、職業上の自分のアイデンティティを一言で表していて見事です。 「○○生命」の高橋さん […]

カテゴリー
コンセプトノート

015. 国を背負う

バルバドスという国をご存知ですか。カリブ諸島の一番東にあり、横浜市程度の大きさ(400平方キロメートル)の島に横浜市の8%弱(26万人)が暮らす小国です。昨年末、たった2泊ですがバルバドスの方を家に泊め、親しく話す機会を […]

カテゴリー
コンセプトノート

014. 日米500人インタビュー

なぜ起-動線のような会を作ろうと思ったのかと、よく聞かれます。社会的意義も高いと思っていますが、個人的な動機として一つきっかけになっているかなと思われる経験は・・・ アメリカで学んでいる日本人学生向けに、半年に1度の割合 […]

カテゴリー
コンセプトノート

013. 大きく考え、小さく始める

起-動線的人々のある回でこんなことを書きました: 大きく考え、小さく始める。あらゆるチャレンジの基本です。 フルバージョンは「大きく考え、小さく始める。いけそうだったらどんどん広げる」というもので、英語で“T […]

カテゴリー
コンセプトノート

012. 良い匿名、悪い匿名

つい最近、米原万里さんの「匿名の攻撃性」というタイトルのエッセイを拝読しました。 日本でインターネットの掲示板がこれだけ流行るのは、そのせいだろう。匿名だと恐ろしく攻撃的になる。自分の顔と名前をさらすとなると、とたんに優 […]

カテゴリー
コンセプトノート

011. 一生勉強

2002年1月のHotWiredに、『21世紀の労働形態はどうなるか』と題されたニュースが載っています。  アドラー氏は、労働者は自分で自分のキャリアパスを設計しなければならないとの認識を持つようになるため、継続的な職業 […]

カテゴリー
コンセプトノート

010. ジェロントロジーと起-動線

何年か前に通った某起業家養成スクールのOGとお会いする機会があり、非常に興味深いお話を伺うことができました。彼女はメーカーで社員の人材教育・業務指導を行う部門でキャリアを積み重ねるかたわら、ジェロントロジーの研究をしつつ […]

カテゴリー
コンセプトノート

009. 続・メイクもまた奥が深い

サイトへの掲載許可をもらおうとメールを送ったら、また面白い話を聞かせてくれたのでこれも転載しちゃいます。私が百万言費やすより、彼女に語ってもらった方がよっぽど身に染みるコンセプトノートができるような気がしてしまう・・・ […]

カテゴリー
コンセプトノート

008. メイクもまた奥が深い

先日、友人が起-動線サイトを見た感想をメールしてくれました。彼女は外資系コンサルティングファームにて日米で活躍 → シカゴ大学大学院で文化論と美術史・美術館学を学ぶ → 再びコンサルに出戻ってバックオフィスを担当、という […]

カテゴリー
コンセプトノート

007. じっくりサイト

人間が集中力を持続できる時間が短くなってきている、ネットを閲覧するときの集中力持続時間はたった9秒で、これは金魚並みであるというメールをkataoka氏が転送してくれました。 百式の田口さんがどこかに寄稿した記事で、MI […]