カテゴリー
コンセプトノート

776. 心の習慣は顔に至る

人は第一印象で「信頼できそうか?」「支配的か?」を読み取る われわれは人の顔を見ると、言語化しないまでも反射的に、元気そう、いい人そう、怖そう、機嫌が悪そう、頭が良さそう……といった印象を受けます。これらは、要するに何を […]

カテゴリー
コンセプトノート

775. 未来を読む理念のメガネ

風が吹けば桶屋が儲かる。計画運休が普及すれば……? 先日、ある機器のメンテナンスサービスをやっている会社の部長塾に登壇しました。半年間にわたるプログラムの初回ということで、社長による30分間の講話から始まります。 枕は、 […]

カテゴリー
コンセプトノート

774. 知っていること、信じていること、感じていること

知っていることは同じでも、信じていることが違う ネット書店で、ある論争を描いた本に「知っていることは同じでも、信じていることが違う人たちの戦い」という評が寄せられていました。題名を忘れてしまい、このフレーズで検索してもヒ […]

カテゴリー
コンセプトノート

773. 人材・人財・人才

Resourceful Human Being ヘンリー・ミンツバーグ教授(経営学、加マギル大学)のインタビュー記事を読みました。「働き過ぎの管理職が日本には大勢いると思うので、助言をお願いします」というインタビュアーの […]

カテゴリー
コンセプトノート

772. 立ち止まるのに忙しい

いまここにないものをつくる力をどう定義するか ある大きなビジネススクールでリーダーシップを定義することになり、一家言を持つ教授が70人も集まりました。激論のすえ、ビジョン、戦略、学習能力、協調性、チームの効率性、人格、心 […]

カテゴリー
コンセプトノート

771. XOTD (Something Of The Day)

一日にひとつずつ 社会人になって初めて本格的に習ったコンピュータに、QOTD (Wikipedia) というサービスが組み込まれていました(1)。これは “Quote Of The Day” の頭 […]

カテゴリー
コンセプトノート

770. 無表情問題

大きなテーマ、小さな目標 ある企業の、二日間のリーダーシップ研修でファシリテーターを務めてきました。一日めはケーススタディを読み、30人が5つのグループに分かれて主人公の行動を評価しながら自分と比較し、日ごろの行動を振り […]

カテゴリー
コンセプトノート

769. 急がば止まれ

急がば立ち止まれ 私たちは忙しく仕事に追われすぎて、自分の内外に隠された価値創造の源泉に気づけずにいる。スマートフォンに縛られて、複雑なものを整理したり、奥に潜む目的意識に目を向ける充分な時間がとれないでいる。すぐに目的 […]

カテゴリー
コンセプトノート

768. 経験という真珠を磨く

人生は“瞬間の真珠のつらなり” 氏こそが経験学習モデルの提唱者なので、経験学習の本を出すのは当然です。ただわたしの脳内では「コルブの経験学習モデル」が「ソクラテスの産婆術」のごとく概念化されてしまっていて、大変失礼ながら […]

カテゴリー
コンセプトノート

767. 欲望、意欲、意志

意欲は、意志と欲望の間にある マネジャーの悩みの代表格は、意欲(モチベーション、やる気)です。だいたいは部下の意欲を高めたいという悩みですが、自分の意欲も高めたいという悩みもうかがうことがあります。 言葉というのは便利な […]